買う時に気を付けたいこと

処方箋薬と比較すると効果がマイルドで副作用が少ない一般用医薬品は気軽に利用できます。

けれども「飲み方」や「飲む量」を間違ってしまったり、正しく服用していても副作用などの健康被害がないとも断言できません。

最近では海外で製造販売されている医薬品を個人輸入しているインターネット通販サイトや偽物の薬を販売する悪質業者や悪徳業者もいますから騙されて購入しないように注意が必要です。

では、実際にどのような点に注意をすれば良いのでしょうか。

まずは、そのサイトが販売許可を公式に受けている店舗であるかどうかを確認しましょう。

Webサイトの「会社概要」ページに「医薬品販売業許可証」の許可番号・取得日が掲載されている事や一般用医薬品の販売許可を受けているかどうかをチェックしましょう。

インターネットでは対面販売ではなく通信販売の規定が適用されるので「郵便等販売届出書」の記載もあるかどうか確認しておくと良いでしょう。

とりわけ海外でのみ販売されている医薬品の個人輸入通販サイトは、処方箋が必要な一般的ではない薬が一緒に掲載されていたり、偽物薬を販売しているサイトもあります。

日本国内の販売業者なのかとか、販売許可を受けているかをキチンと確認しておけば安心できます。

次に、通販ショップサイト自身の説明や商品の説明はしっかりと読みましょう。

商品案内ページやショッピングカートの途中で表示されてくる注意事項は契約する上で大切な条件になりますから不審な点がないか目を通して確認しましょう。

商品が到着したら医薬品に添付されている薬の説明書を熟読し、禁止事項や使用方法を理解しておきましょう。