ピルなど避妊薬の種類はどれくらいあるの

経口避妊薬ピルは2つに区分されて「低用量ピル」と「事後ピル」だ。

事後ピルは「モーニングアフターピル」「緊急避妊ピル」と呼ばれることもある。

1番目の低用量ピルは、「プロゲステロン」や「エストロゲン」等ホルモンの量を50%以下に抑制し副作用をできるだけないようにして高い避妊効果を期待できるピルのことだ。

2番目の事後ピルは、避妊にできなかった場合や妊娠したくない場合に緊急回避する目的で服用するピルだ。

では、モーニングアフターピルのふたつのパターンをご紹介しよう。

ひとつは「ノルレボ」という名前の緊急避妊薬として有名なピルで、フランスで開発された。

レボノルゲストレルを有効成分とする医薬品で世界各国60の国々で利用されてる。

次は「モーニングアフターピル」という名前で、緊急避妊薬と同様の効果が期待できるホルモン濃度の量の経口避妊薬ピルを利用するパターンだ。

こちらは製剤に含有されるホルモン量の視点からみて低用量よりも中用量のピリが使用されるケースもある。

経口避妊薬ピルを安く安心して手に入れるにはどうすれば良いのでしょう。

それは信用のおける個人輸入代行Webサイトを利用して、セット売り商品を<まとめ購入>することだ。

仏、低用量避妊薬ピルは21日服用後7日休薬するパターンで毎日服用する。

最もお得に購入できるのは1年パックのまとめ購入をすることだ。

SEXしたあと72時間以内に緊急避妊薬ピルを飲み、12時間後にもう1回薬を使用する。

服用のタイミングが早期であるほど避妊する効果はアップするが、避妊できる確率は完璧ではないので気をつけよう。