ED治療薬の影響とは

「ED(勃起障害)治療薬は妊娠や胎児に悪影響があるのではないか」と懸念する人がいるかもしれません。

しかしながら、検証データでは全く影響がないですから安心して服用いただけるでしょう。

ED薬は多くのクリニックで「不妊治療薬」としても処方されていますし、現実問題として小作りをするためにパートナーの排卵日に服用する男性もいるのです。

ED治療薬を服用する場合には、さまざまな不安が頭をよぎるかもしれませが、男性の精子の機能に悪影響もありませんし遺伝子にも全く問題ないことが実証されていますのでご安心ください。

近頃は男性専門クリニックで無料カウンセリングを受けることもできます。

もしも不安があるようならば一度こういったクリニックで専門のカウンセラーに相談するのも良いでしょう。

専門知識があるので、薬の服用方法や効果など副作用の症状も説明してくれるし、あなたの症状を聞きながらどの薬が一番望ましいのかというアドバイスもしてくれるでしょう。

「バイアグラ」や「レビトラ」の治療薬の方が比較的早く効くとされていますが、即効性という面で捉えれば「バイアグラ」よりも「レビトラ系」のED治療薬の方が優秀であるというデータもあります。

「レビトラ」系と、<系>を付けたのはジェネリック医薬品も含むという風に解釈してください。

「レビトラ」ジェネリック薬品では、「バリフ」という薬が該当します。

「バリフ」は服用してから効果が出始めるのに早い男性では15分から20分程度で勃起効果を感じることができるので、即効性の面では「レビトラ系」の医薬品はずば抜けていると思います。

ポイントは服用するタイミングで、食後の服用であると成分を吸収するのに時間がかかってしまいますから、食前の空腹時に服用する方が早く効き始めますが、いずれにしてもSEXをする時間を決めることが大事です。

「バリフ」はこのように即効性があり男性には人気がある「レビトラ系」ジェネリック薬品ですが価格は「レビトラ」の1割程度で購入できるから人気がでるのも頷けますね。